ワンパターンから抜け出すこと

ただ漫然と同じようなアタックを繰り返しては相手にカウンターやリポストで反撃されて負け続ける選手が少なからずいます。これは得意技に固執しているわけではなく、そのアタックでは得点できないことに気づいていない初心者に多く見受けられる現象です。このワンパターン状態から抜け出さないとフェンシングが面白くなくなってしまいます。

対策としては、以下の2点が必要です。

1.得点出来ない原因を理解して改善すること

2.他の技を試してみること

得点出来ない原因は、相手に手の内が読まれているという戦術面よりも、間合いが悪い、タイミングが悪い、スピードが足りない、剣先のコントロールが不正確、ガードポジションが悪いなどのテクニック面にあります。自分で原因がわからない場合には、コーチや周囲からアドバイスをもらうのが近道です。また、テクニック向上にはレッスンがとても有効です。

さらに、他の技も覚えて試し、戦術面でのワンパターン化を回避しましょう。

あれこれ試行錯誤して努力すれば、必ず結果に結びつきます。

さあ、練習しましょう!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です